HOME>記事一覧>話せるかどうかよりも楽しめるかどうかがポイント

目次

使えるから

生徒と先生

英会話は、語学として学んだ側から『使える』から人気なのです。書くことができても、使える場面はそうそう訪れる事はありません。会話ならば、文とは違いその瞬間から所構わず使えますし、主語を省いたりもできます。

なまりが楽しい

learn English

お国言葉ではありませんが、方言が入った面白い英会話は人気化しています。ネイティブ講師による指導、出身が英語圏であっても『なまり』があります。そのなまりから、どこで英語を教わったのか、誰に習ったのか、そうした異文化交流のきっかけになります。

素直に表現

とっさに出る英会話は、幼児教育から生涯学習の域まで、人気化しています。例えば、照れ隠しではないですが、『ありがとう』を素直に言えないから『Thankyou』と口に出すことで、相手が友達なら『どう致しまして』『Youarewelcome』と返事をするでしょう。

コミュニケーションツールになる

今や、英語が必要無さそうな子どもたちにも浸透している理由は、使ってみたくなる格好良さがあるようです。日本語と比べてみればシンプルな表記、挨拶だって『おはよう、こんにちは』などではなく、英会話なら『Hello』だけで成立してしまいます。子どもたちにとって、子ども同士、先生や大人、そして外国人とのコミュニケーションがすんなり図れるから人気なのでしょう。

広告募集中